腕時計デザインの巨匠ジェラルドジェンタ

オーデマピゲファンならみんなが知っているロイヤルオークというスーパーウォッチ。
そのデザイナーが「ジェラルドジェンタ」という人だというのはご存知ですか?
このデザイナーが腕時計業界ではカリスマで、素晴らしい腕時計を世の中に何本も送り出しているのです。

ジェラルドジェンタはその名と同じブランド「ジェラルドジェンタ」とい腕時計ブランドも持っている実業家でもあります。

また、最近ではブルガリの専属デザイナーとして、自身のデザインした時計をブルガリからリリースしています。
昔ではオメガのコンステレーションの卵型の独創的な時計や、ミッキーマウスの腕が針になって動くレトログラードモデルを自分のブランドから出したりと、とても楽しそうに仕事をしている紳士です。

さすがは「時計界のピカソ」。車業界でいえば「ジウジアーロ」、建築界でいえば「ガウディ」みたいなものでしょうか。
ガウディーは言い過ぎかもしれませんね。そんなに時計のデザインには時間かかりませんから。

ちなみにさすがは時計のデザイン界の巨匠だけあって、新製品を作る際に妥協を知らないそうです。
独自の形状の時計を作っては見直し、また細部を修正して仕上げるという。
その、不要なプロトタイプ、自分が買取りしますよ~、安く譲ってもらうことはできないでしょうか。
ちなみにプロトタイプって量産品とは違って一点ものなので、オークションなどでは高値がつくようです。

ただし難点は、本物かどうかよくわからないことです。オークションで値段が付かなければいきつけの時計店で買取りしてもらえばいいんですけどね。

とにかくジェンタさん、この世に1本しかないその時計、ぜひ私に譲ってくれませんか。